お問い合わせ(通話無料/年中無休)045-316-6334   求人専用 0120-563-063

給料未払い

キャバクラで給料未払い

水商売(キャバクラ、スナック、バーなど)で働く方にありうる事例 給料未払い(賃金未払い)にあってしまった場合について 先月までキャバクラで働いていました。 2ヶ月分の給料を貰えずに辞めてしまいました。。。 辞めた後、請求したのですが払ってくれません。 社長は電話にもでないので、話ができません。 店長は社長に話してくれとしか言わない。。。 というような悩みをよく耳にします。 他、よくあるトラブルの一例です。 ・突然の閉店 ・店長と連絡がとれない。 ・給料が未払いのまま辞めさせられた ・給料を一部しか貰っていないのに閉店になっていた。 裁判、行政に相談が出来ますが、その為には「働いていたという証拠」が必要です。 ・雇用契約書 *基本時給、歩合の計算、交通費など雇用の条件が記載されているか 雇用契約書が無い、労働基準法を遵守してくれない場合 そういう時のは下記のような証拠を必ずとっておくと良いです。 ・「営業許可証」に書かれている事をメモ又は、文字が読めるくらい鮮明に写メで撮っておく。 *特に許可番号、会社名、住所は必須 ・出勤日、時間をスケジュールに残しておく *店長やスタッフに働いた時間を書いてもらうとより良い。 これを揃えて行政(労働基準局、労働基準監督署)に相談に行くとスムーズに話が進みます。 こういうトラブルにならないよう事前に準備しておくといいですね。 "しかし、準備しておいても、どうにもならない事もあるのが現実です。 不条理な保護の届かない業種ということもあり、仕方ない場合もあります。 ですので、水商売で働く場合は慎重なお店選びが大切! 信用のできる人に紹介してもらって体験入店してから決めるのがいいですね。 最近は信頼のできる専任のスタッフもいます。 お店にも詳しいし、フォローもしっかり対応してくれるので安心してお願いできます。 スカウトマンを通すと時給が下がると思われている方がいましたが そんな事はありません。 お店から手数料を頂きますが、あなたのお給料から頂くことは一切ありません。


横浜キャバクラの求人バイト/アルバイト情報なら、横浜キャバクラ・Jクラブで決まり!!

pagetop

Background Image